BLOGブログ

Q &A

Q  なぜ2〜3回でやめたらダメ?

A  疲れ果てないと筋肥大しません。

【細かい話】

⚫︎サクサクできたら負荷アップ!

まじめに続けていると、やがて5kg×15RM×2セットでへばっていたのに、余力が出てきます。そうなったら不可設定を引き上げ、つねに「15回目ができない」という重さで鍛えるべきです。負荷アップの見極めは10〜13回目で遅くなっていたスピードが上がり、16回目まで反復できるようになること。そこまでミスなくフォームも崩れず、稼働域も狭まらないフルレンジで行えたら、次回は負荷を上乗せしましょう。自体重トレは時間とフォームを再調整します。

 

Q  なぜフォームがそこまで大事なの?

A  鍛え漏れ防止、狙った部位を追い込むのです。(フォームが悪いと狙った場所に効かない。)

【細かい話】

⚫︎変化を感じなくても効いている。

一念発起して鍛え始めても、すぐさま雨後のタケノコのように筋肉がニョキニョキと増えるわけではありません。筋トレをすると動員される運動神経が増え、働く筋繊維も結果的に増えてさらに太くなる。両者は同時に始まりますが、筋肉が目に見えて大きくなり、変化が自覚できるまで最低8週間、平均12週間ほどかかります。元のサイズに戻ろうとする傾向が強い筋肉に刺激を与え、筋肥大へ導くにはそれなりの努力と時間が不可欠です。すぐに目立った変化が見受けられないからといって筋トレを諦めるのは慌て者さんです。機が熟すまで待ってくださいね。

 

Q  筋肥大しやすい、しにくい部位はどこ?

A  カラダの前側にある筋肉は大きくしやすく、後ろにある筋肉は難しいといわれています。

筋肥大しやすいTOP5

1、大胸筋

2、三角筋

3、上腕二頭筋

4、大腿四頭筋

5、大臀筋

筋肥大しにくいTOP5

1、上腕三頭筋

2、広背筋

3、腹直筋&外、内腹斜筋

4、僧帽筋

5、脊柱起立筋&ハムストリングス

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

2018.10.10

Q &A

コラム

2018.09.25

プロテイン、ACAA

コラム

2018.09.14

マイオカイン

コラム

2018.05.12

ダイエットって?

コラム
WEBで予約